甘い審査の金融

審査に通る確率が高い金融会社

甘い審査の金融会社で借り入れ審査を受ければ、必然的に審査に通る確率が高くなります。逆に審査が厳しいと評判の大手消費者金融で審査を受ければ、審査に通る確率が低くなります。これは、審査を受ける人によって審査状況は変わってくるということです。

たとえば、年収が高いサラリーマンで尚且つ借金がゼロの人ならば、大手や中小といったすべての消費者金融でも審査に通るはずです。

しかし、年収が低く他社からの借り入れが複数あるような方は、信用度も低くなりますので、大手はもちろんのこと中小のサラ金でも審査で落とされる可能性が高くなります。つまり、消費者の現状によって審査は変わってくるということです。

金融会社一覧

審査で落とされる理由

消費者金融の借り入れ審査で落とされる理由は必ず存在します。元来、金融業者というものは、顧客にお金を貸して金利を得て利益を上げています。したがって、お金を貸さなければ一円たりとも営業利益が得られない職業なのです。

にもかかわらず、お金を貸さないということは、何か重大な理由があるということです。考えられる理由は

  • 借金が多い(多重債務)
  • 収入がない(無職、専業主婦)
  • 過去に自己破産をしている(ブラックリスト)

殆どの場合、審査で落とされる理由は上記のどれかに該当していると思います。その中でも一番多いのは、現在の借金総額です。多重債務者の多くは、毎月の支払いが足りないので、新規に借り入れをして支払いに充当しています。

そういった行為を通称「自転車操業」といいますが、この手の人たちの多くは自己破産の一歩手前なので、消費者金融も融資に慎重なのは当然かと思います。